顔脱毛

顔脱毛でもー悩まない!コスパの高い脱毛サロンはここです!

顔脱毛で化粧のりが変わる

顔脱毛をして顔のムダ毛がなくなると肌がつるりとします。肌がつるつるだとファンデーションを塗るときにするりと塗りやすくなります。

 

ムダ毛がなくなることで、スキンケアの化粧水や乳液などが浸透しやすくなるということも、化粧のりが変わる理由の一つでしょう。

 

また、顔脱毛をすると毛穴から毛がなくなるため毛穴が引き締まります。汚れも溜まりにくくなるのでニキビなど肌トラブルを起こしにくくなります。女性の場合、日々の化粧やスキンケアには相当気を遣っていますから、スキンケア効果が高まり化粧のりがよくなるというのは、顔脱毛をする大きなきっかけではないでしょうか?

 

日本人の場合、肌が白いのに反して毛が黒いので目立ってしまいます。それほど濃くなくてもくすんだように見えてしまいますのが、脱毛すると肌がワントーン明るくなるのもうれしい効果です。もみあげなどフェイスラインの顔脱毛をすると輪郭がスッキリ見えるため、小顔効果も期待できそうです。

 

さらに、素肌がきれいになるので化粧が薄めのナチュラルメイクになります。厚塗りすることがなくなると、化粧による肌負担が軽減するというメリットもあります。

顔は光脱毛とレーザー脱毛どっちがよい?

脱毛はエステサロンでの光脱毛とクリニックや皮フ科でのレーザー脱毛によるのが主流です。

 

では、顔の場合光脱毛とレーザー脱毛、どちらの方法で脱毛するのがいいのでしょう?光脱毛もレーザ脱毛も毛根部分に照射してダメージを与え、脱毛するという原理は同じですが、照射の出力に差があります。レーザー脱毛の方が出力が高く、そのため医療機関でしか取り扱えない脱毛方法です。

 

ですから、光脱毛とレーザー脱毛を比べると、レーザー脱毛の方が光脱毛に比べて一回の施術単価は高く、肌への刺激が大きく、火傷や炎症のリスクが高く、痛みが強く、効果が出るのが早い、のです。

 

ただ、効果に関しては産毛のように細く色も薄い毛に対してはレーザー脱毛でも光脱毛でも限界があるようです。また、施術単価は高いですが、早く脱毛効果が表れるため結果的に脱毛完了までの料金はさほど変わらないようです。

 

従って、安全面を重視するならサロンでの光脱毛、早さ重視ならクリニック・皮フ科でのレーザー脱毛がおすすめです。とはいえ、クリニックは医師や看護師により、すぐに処置してもらえますし、光脱毛でもトラブルのリスクがないわけではありません。万が一にどのように対処してもらえるか最初によく確認することを忘れずにしましょう。

顔の産毛の自己処理について

顔の産毛は埃や風、寒さから肌を身を守るために生えています。

 

しかし、産毛があることでお化粧のりが悪かったり顔色がくすんで見えてしまうため、カミソリや電気シェーバーで自己処理してしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

スキンケアでウブ毛の本来の役割である肌の保護効果を補うことができるので、産毛がなくても問題はないでしょう。自己処理で気を付けたいのは、顔の皮膚を傷つけないようにすることです。カミソリやシェーバーで剃るなら直接肌に当てるのではなく、クリームや泡などで肌を保護してから剃ります。毛流れにも注意します。

 

顔の産毛は基本的に上から下に生えていますが、目や口の周りは一定していません。毛の流れに逆らわないように剃りましょう。また、カミソリなら肌に対して45度の角度でやさしく肌に当て、同じ個所を何度も剃らないように気をつけましょう。週に1度まで、肌に負担をかけないようにします。自己処理には毛抜きで抜く方法もありますが、埋没毛になったり見えない傷ができやすいので、お勧めできません。

 

自己処理後は保湿が重要です。自己処理しても問題はありませんが、失敗したり肌荒れの危険もあります。すぐに生えてくるので面倒でもあります。自己処理で危険性や面倒から解放されるにはエステやクリニックで脱毛するのがオススメです。

アトピー・敏感肌の場合の顔脱毛

アトピーや敏感肌の方の場合、顔脱毛には注意が必要です。もし脱毛の施術時に湿疹や炎症があれば脱毛できません。湿疹や炎症がある状態で脱毛すると、悪化してしまうからです。

 

しかし、施術時に皮膚の状態が落ち着いていれば、施術可能と判断されるかもしれません。クリニックであれば医師が判断しますので、安心です。また、脱毛サロンでも皮膚に負担の少ない脱毛機器を使用しているサロンであれば脱毛できるでしょう。レーザー脱毛は出力が大きく肌への負担も大きいのでサロンでのフラッシュ脱毛の方が安全とも言われます。

 

例えばディオーネは子供でも脱毛できることを謳っており、敏感肌・アトピーの方でも脱毛できるサロンです。アトピー・敏感肌の方の場合、事前のカウンセリングで肌への不安を伝えておくことも大切です。事前に伝えておかなければ、十分に気を付けて施術してもらえない可能性もあります。トラブルが起きてからでは遅いので、アトピー・敏感肌であることを伝えて相談しましょう。

 

また、カウンセリングして大丈夫だと判断されても、トラブルになる可能性もあります。いきなり顔脱毛するのではなく、肌が比較的丈夫なワキや手足などの脱毛を試した方が安心でしょう。施術後のアフターケアも大切です。